アスペルガーな発達障害中年おばさんのブログ

発達障害歴50年近い日常の日記、愚痴などを書きます。

人間関係と仕事のプチリセット

忘れっぽいので忘れてしまったけど、発達障害の人は人間関係を渡り歩く傾向があるとどこかで読んだ。

仕事に関しては、続かないケースが多そうだし。

私もしばらくの間友達でいてもらって、嫌われたかな、と感じたら離れるということをくり返してきた。

私だって嫌われたくないけど、知らないうちに不躾なことをしでかしているのだろうし、しょっちゅう連絡を取り合うということがなかなか出来ないので、信頼の貯金がなくなってしまうのだ。この感じはどうにも説明しづらい。

誰かに相談したとしても理解不可能だと思う。

不適切な例えかもだけど、自分が病人なのに健康なふりをして誰かと行動を共にして、やっぱりついていけず引きこもってしまう感じ。

仕事もそうで、しばらくの間まともな社会人を装っているけど、やっぱりついていけず挙動不審になってきてある時限界を迎えて辞めてしまう感じ。

私は特に臆病で、むこうから三下り半を突きつけられる前にこちらから逃げてしまう。

逃げる時は本当に申し訳ないとなく自分が恥ずかしく思う。それでもそれまで側に居させてくれて本当に感謝する。

おかげで今まで生きてこれた。

私のようなものに会ってしまうことなく幸せに生きて欲しいと願っている。

 

そんな感じで、今までプチリセットしてたので継続している人間関係がほんと、無い。

インターネットのリセットはともかくリアルのリセットは切ない。